2018.07.25 Wed
ネット利用の危険性

広告をブロックできるアプリ「あどしらず」を入れてみた

iPhoneやiPadを使っていると、次から次に広告が出てきます。スルーすればよいのですが、あまりに多いとイライラしませんか?自分だけなら我慢すればよいのですが、我が家の場合6才の息子がiPadを使っているので有害広告を見ないか、間違ってタップしてしまわないか、そちらが心配です。そんな時は、iPhoneやiPadの広告をブロックできるアプリ「あどしらず」がおすすめです。

操作は簡単。たった240円で広告をブロック!

iPnone、iPadの広告をブロックできる「あどしらず」は、情報掲示板(名称変更?)を運営するDayz株式会社が提供する有料アプリです。他のアプリと同じようにApp Storeからダウンロードすることができます。

【設定方法】
「あどしらず」で広告をブロックを「ON」にします。

iPhone/iPadの設定 > Safari >コンテンツブロッカーからあどしらずを「有効」にします。

 

 

気になる料金は、240円(月額ではありません)。一回インストールすると、そのまま利用することができます。無料の広告ブロックアプリもありますが、無料だけに不安が残ります。240円を安いととるか高いととるかは、その人次第と思いますが、私はアリの価格だと思いました。

広告ブロックアプリがあるとこんなにスッキリ

「あどしらず」で本当に広告がなくなるのか、興味がありますよね。
そこで「あどしらず」を有効にする前とした後の画面を比べてみました。

有効前

有効後

比べると、広告がなくなっているのがわかります!

有効前

有効後

 

広告がない画面は、驚くほどシンプルです。広告をブロックすると、今までいかに広告を見ていたかがわかります。240円でここまでブロックできるなら、子どもが有害サイトにアクセスしない予防コストと考えてもお得です!

広告にストレスを感じている方、子どもがiPhone、iPadを利用するようになり目に入る情報を心配している方におすすめです。インストールも簡単なので是非お試しください。

※「あどしらず」はwebブラウザーのSafariに対応しているので、Google Chromeを使用している場合は対応できません。また、iPhone、iPadで機能制限をしていると「あどしらず」を有効にできないので、まず機能制限を解除してから「あどしらず」を有効にする必要があります。

次回は、2018年2月1日に施行された「青少年が安全に安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律」について、その概要をお伝えします。