2018.12.07 Fri
NEW!
時事ネタ

つらいスマホの通信制限。パケットの節約方法など、乗り切る裏ワザを紹介!

月末になると、スマホのパケット通信量をギリギリまで使ってしまって困っている……なんて人をよく見かけます。今回は普段からパケットを節約する方法をいくつか紹介します。

■WiFi使用と、パケット通信使用を設定で切り分け

すべてのアプリのアップデートの設定が、完全オート(いつでも自動アップデートする)になっている場合、外出中でもどんどん勝手に通信してしまいます。特に注意してほしいのはソーシャルゲームをプレイする人。最近はキャラクターの動きやボイスが豊富なものが多く楽しい反面、初回起動時や大型アップデート時などはびっくりするような容量のときも。パケットを使ってしまうだけでなく、アップデートが完全に済むまでスマホの動作ももっさりしがちになるので設定で調整するのがおススメです。
機種にもよりますが「充電中のみ行う」「WiFi接続時のみ行う」「夜間など特定の時間にのみ行う」など、切り替えることができるはずです。とくにパケットを節約するなら「WiFi接続時のみ行う」がよいでしょう。あなたの設定を改めてチェックしてみてくださいね。

■フリーWiFiスポットを上手に使う

「フリーWiFiってよく聞くけど、実は使い方がわからない。今更訊くのも……」という方も多いのではないでしょうか。実は、フリーのWiFiスポットって近づくだけで利用できている所もあれば、設定が必要な所、中には時間制限つきでフリーなんて所もあるんです。あなたのよく利用するカフェがどんな仕組みなのか、知っておくだけでもガラリとスマホの通信環境が変わるかも。以下はチェーン店など代表的なお店の一例です。こうしてみると設定自体は難しくないですよね。お店のWiFiの仕組みがわかりにくいときは店員さんに聞くと答えてくれますし、パンフレットなどももらえますよ。パケット節約を目指すならぜひチェックしてみてください。
※2018年11月現在・各社公式HPやパンフレット調べ。システムが変更される場合もありますので、ご利用時は各社の店頭やHPで都度ご確認ください。

〈マクドナルドの場合〉
学生さんから社会人まで、気軽に利用できるバーガーチェーン。店舗数も豊富なのでWiFiの利用方法を知っておくと助かること間違いなし!
1 WiFiをONにしてアクセスポイント一覧でSSID「00_MCD-FREE-WIFI」を選択。
2 ブラウザで新規ウィンドウを開く
3 規約に同意して会員登録/ログインする→接続完了です。
利用は1回につき1時間の制限があるのでご注意を。それを過ぎて使っていると、そのままパケットを消費してしまいます。

〈スターバックスの場合〉
季節限定メニューなども豊富でリラックスして過ごせる空間が魅力のスタバ。WiFiの設定はじつはとっても簡単です。
1 WiFiをONにしてアクセスポイント一覧からSSID「at_STARBUCKS_Wi2」を選択します。
2 表示される利用規約に同意することで利用可能になります。
利用登録は不要なようですが、1回のアクセス(ログイン)で利用できるのは1時間だそうです。スタバのWiFi利用方法については(http://starbucks.wi2.co.jp/)の公式ホームページも参考に。

〈WIRED CAFEの場合〉
WIRED CAFEは「つながり」がテーマの、ターミナル立地型カフェ。アトレなどの駅ビルなどによくあります。WiFiは特殊な設定などがなく、店内(周辺も?)で使える模様。また、店舗によってはタブレットPCを無料で使える座席などがあります。スマホのパケットがピンチ!という時はそちらの利用もおススメです。

■広告ブロックアプリで通信量を常時節約!

スマホでのネットサーフィンが多い人は、上下左右に出る広告にうんざりしている人も多いはず。ひとつひとつの容量は小さいかもしれませんが、あれも動画や画像ですから立派に通信量は使っています。月単位、年単位で考えたらパケットを消費して数百~数千の広告を見ていると思うと、勿体なく感じませんか?広告ブロックアプリで読み込み自体をなくすと、画面もスッキリして節約もできるので一石二鳥です◎